【ニュース】クラウドファンディングで100万円以上集めたNPOの事例に学ぶ成功のポイント

img_19174f4af4b7af592f1a5c7e67bca6d187158

 

 

この記事の要約

 

 

1. エイズ孤児支援NGO・PLAS代表理事の門田瑠衣子氏、そしてADRAJapanファンドレイジング担当の山本匡浩氏が登壇した

「100万円以上達成! クラウドファンディングに必要なマーケティング志向」のセッション内容をダイジェストでお届けしたい。

 

2. 周到な事前準備と着実なPDCAで約150万円を調達したADRAJapanの山本氏とエイズ孤児支援NGO・PLASの門田氏は、

それぞれクラウドファンディングを通じて100万円以上の資金調達に成功した事例を紹介。

 

3. 成功の具体的な内容としては、今回のクラウドファンディングの目的を「Webを通じた新規支援者の獲得」に絞ったこと、

「他団体のクラウドファンディング成功事例を徹底的に調査した」こと、「ピッチのブラッシュアップやテンプレートの作成」をはじめ、

「プロジェクト開始前にできることはできるだけ事前に準備したこと」などが挙げられる。

 

エイズ孤児支援や就業・就学・生活支援などに関する施策をクラウドファンディングを通して成功した例もあり、

クラウドファンディングが、より活用されるべき存在になっているようだ。

 

 

引用元 はこちら。

クラウドファンディングに必要なマーケティング志向とは? 100万円以上集めたNPOの先進事例に学ぶ3つのポイント

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.